オープニングに戻る
トップページ 現役消防士が描いた防火まんが集 実験で火災の原因を体験しよう! ゲーム・クイズコーナー みんなのひろば ナガサキ防火研究会の概要説明
みんなのひろばタイトル
 
平成20年1月26日に長与町にて当研究会が「こども科学教室」を行いました。その内容をお知らせします!
この講座についてのアンケートをとりました。
内容は13のコーナー別に、むずかしかった・ふつうおもしろかった・わからないの中から選択してもらいました。
「最もおもしろかった!」という意見が多かったのが何と防火マンガでした。
また、消火器の使い方もおもしろかったようです。
学校の訓練では限られた人しか出来ないので、全員が直接経験することが出来て良かったようです。
「最も難しかった!」が多かったのは火起こしでした。
理解出来なかったのではなく、火を起こせなかったということで、逆に興味があったのではないかと思われます。
なお、他のコーナーはさほど大差が無かったようです。
今後も防火研究会は興味を持ってもらえ、また、わかり易い講座になるように努力していきたいと思っています。
電気火災実験装置
 
ホームページに掲載されているマンガ・クイズで火災の
原因について学びました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
当研究会のホームページをみているところです
電気火災実験装置
 
ベニヤ板で作った家の模型の中にスプリンクラーのヘッドを
取り付けて作動の実験を行い、その仕組みを学びました。
学習のようす@の映像はこちらをクリック
学習のようすAの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
スプリンクラーを学んでいるところ
 
電気火災実験装置
 
ベニヤ板で作った家の模型の中に住宅用火災警報器を取り付けて、作動の実験を行いました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
 
電気火災実験装置
 
家庭にある物干しと毛布で簡易担架を作る体験をしました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
実際に自分たちで担架を作っているところ
 
みなさんのお父さんなどが使っているガラス製灰皿が
実は簡単に割れてしまうことを実験してみました。
右の写真をクリックすると拡大します!
電気火災実験装置
 
3個のダンボールを重ねて作った模型で、煙の流れの
勉強をしました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
 
煙の実験をしているところ
電気火災実験装置
 
当研究会が制作した電気火災実演装置でトラッキング現象につ
いて学びました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
電気火災の実験をしているところ
電気火災実験装置
 
舞きり式の火起こし器を使って火を起こしました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
実際に火を起こしているところ
電気火災実験装置
 
水消火器で的を倒し 班のメンバーで競いました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
消化を競い合っていることろ
電気火災実験装置
 
電子レンジの構造と調理不可の物質を入れ火災の危険性を
学びました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
右の写真をクリックすると拡大します!
電子レンジの構造の学習
 
炎の温度を、実際に温度計を用いて測ってみました。
右の写真をクリックすると拡大します!
炎の温度を測っているところ
電気火災実験装置
 
各班毎にそれぞれのコーナーで学び最後は班別で難しい問題を解きました。 なんと、各班全問正解!
さらに問題を追加し、順位を決めました。 子どもたちの記憶力は凄い。ボーケン君も参りました。
学習のようすの映像はこちらをクリック
このページのトップへ戻る
 
Copyright (C) 2013 Society for the study of Fire prevention in Nagasaki. All Rights Reserved.